RAKURAKU スースーは文字通り、LEDの光を使ってアレルギー症状を緩和するものです。NASAが開発した技術で、鼻粘膜に特定波長のLEDを照射すると炎症緩和や血流促進が起こり、症状が改善するものです。すごく楽になる

×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  アレルギーについて

アレルギーについて

効果について
RAKU RAKUスースーは、英国のウースター大学の国立花粉:空中生物学研究所とウースターシャー王立病院呼吸科との共同誘発試験にて臨床試験済みです。
また台湾のジョン ピン ユナイテッド クリニックのDr.Wei-Shan Linによる臨床試験も済んでおります。
臨床試験の結果は、アレルギー症状の大幅な緩和が観察されました。
ただし症状には個人差が有りますので、即緩和の見られる人と、数時間、または数日かかる人もございます。

花粉症について

花粉症発症のメカニズムとは?

花粉症発症のメカニズムとは?

アレルゲン(花粉、カビ、ほこりなど)
  →鼻の内部に侵入
   →鼻の内部の粘膜に付着
     →鼻の中の抗体発生(ヒスタミンを含む)
     →鼻づまり、痒み、鼻水などの発症
 LEDの光を鼻内部の粘膜に照射
   657nmと940nm 2波長LEDがアレルギーに届く
   ✨抗体発生を抑制
     ✨症状の緩和、粘膜の修復

鼻炎について

鼻炎とは?

鼻炎とは?

一般的には、酸化ストレス(活性酸素)との関係が裏付けられています。
従ってこの酸化ストレスを抑制することにより、鼻炎の緩和を図ります。


NASAが発見した技術
狭帯域な二波長(657nm、940nm)の光を照射により、
花粉症に対して
  ヒト肥満細胞からのヒスタミンの放出に作用。  
  抗ヒスタミン抑制剤に似た役割。
鼻炎にたいし対して
  酸化ストレス(活性酸素)抑制、症状の緩和をサポート、同時に粘膜の修復をサポート

タキオンレッドの
RAKURAKUスースーは二波長(657nm、940nm)同時に照射します。すごく楽になる。